Loading...
Laravel

Cloud9でLaravel構築

最初に

まずは、cloud9(英語です)でユーザー登録をする。
https://c9.io/

ここで、わかりやすく登録する方法が、https://blog.codecamp.jp/cloud9に書いてあるので参考にしてほしい。

登録後、下記の写真のPHP&Apacheの環境を選びCreate Workspaceボタンを押し構築する。

MONEY

環境作り

sysv-rc-conf

sudo apt-get install sysv-rc-conf

PHP

まずは、php7.1で動くようにする。
7.0より一割ほど早いとのことなので!
sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
sudo apt-get update
sudo apt-get install php7.1-curl php7.1-dev php7.1-gd php7.1-intl php7.1-mcrypt php7.1-json php7.1-mysql php7.1-opcache php7.1-bcmath php7.1-mbstring php7.1-soap php7.1-xml libapache2-mod-php7.1
sudo apt-get install php7.1-mbstring php7.1-zip
sudo a2dismod php5
sudo a2enmod php7.1
sudo service apache2 restart
必要に応じて、php7.1-xxxを追加する。
上記コマンドで、YES/NOが出たときは、とりあえず全部yを選ぶ。

MySql

ユーザーとパスワードの設定
mysql -u <YOUR_USERNAME>

mysql> SET PASSWORD FOR '<YOUR_USERNAME>'@'%' = PASSWORD('<YOUR_CHOSEN_PASSWORD>');
mysql> quit;

Apache

sudo vim /etc/apache2/ports.conf
その後、Listen 8081を追加し保存する。
Listen 8081
Listen 8082

sudo vim /etc/apache2/sites-enabled/001-cloud9.conf
その後、下記のように書き換える。
<VirtualHost *:8080>
    DocumentRoot /home/ubuntu/workspace/laravel/public
    ServerName https://${C9_HOSTNAME}:443

    LogLevel info

    ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
    CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

    <Directory /home/ubuntu/workspace/laravel/public>
        Options Indexes FollowSymLinks
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
</VirtualHost>

ServerName https://${C9_HOSTNAME}
# vim: syntax=apache ts=4 sw=4 sts=4 sr noet

# phpMyAdmin 専用
<VirtualHost *:8081>
    DocumentRoot /home/ubuntu/workspace/myadmin
    ServerName https://${C9_HOSTNAME}:443

    LogLevel info

    ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
    CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

    <Directory /home/ubuntu/workspace/myadmin>
        Options Indexes FollowSymLinks
        AllowOverride All
        Require all granted
    </Directory>
</VirtualHost>

phpMyAdmin構築

phpMyAdminで、最新のphpMyAdminを常にダウンロードすること。
cd ~/workspace/
wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.7.1/phpMyAdmin-4.7.1-all-languages.zip
unzip phpMyAdmin-4.7.1-all-languages.zip
mv phpMyAdmin-4.7.1-all-languages ./myadmin/
rm phpMyAdmin-4.7.1-all-languages.zip
cd ./myadmin
cp config.sample.inc.php config.inc.php
vim config.inc.php
$cfg['blowfish_secret'] = '適当な文字列を入れる'; /* YOU MUST FILL IN THIS FOR COOKIE AUTH! */
適当な文字列を入れるに、文字列を入れる。

保存後に、apacheを再起動
sudo service apache2 restart
その後、Apache起動時にhttps://laravel-template-XXXX.c9users.io:8081/にアクセスすると、ログイン画面が出るので、MySqlで設定した項目を入力する。
XXXXは、あなたのIDになる。
とりあえずデータベースdb_laravelを作成しておく。

キャッシュサーバー(Redis)

sudo sysv-rc-conf redis on
sudo service redis-server start 

Laravel インストール

sudo composer global require 'laravel/installer'
export PATH=~/.composer/vendor/bin:$PATH
laravel new laravel
しばらく待つ

node.js

Cloud9では、最初からnode.jsがインストールされている。

npmとノードをアップグレード

cd ~/workspace/laravel
sudo npm install -g npm
npm install
nvm install v7.10.0
npm rebuild node-sass

CSSとJSのアセットをコンパイルできるかテストする

詳細はアセットを参照
npm run dev

.env

cd ~/workspace/laravel
vim .env
DBの設定
DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=127.0.0.1
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=Mysqlの設定で作ったDB名
DB_USERNAME=あなたのユーザーID
DB_PASSWORD=Mysqlの設定で作ったパスワード
.envでスペースの入る文字列を扱う場合は、ダブルクォーテションで挟むこと。
TEST_HOGE="test hoge hoge"など

さいごに

view
この画面どおりならば、構築は終了です。

構築までできているので、後は日本語ドキュメントを見ながらがんばろう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。